こどもちゃれんじの「ひらがなだじゃれかるた」で子どもが一気にひらがなを覚えた話

こんにちは。まるりです。

今回は、三歳三か月で殆どひらがなを覚えていなかった こー(息子)が、
こどもちゃれんじの「ひらがなだじゃれかるた」で一気にひらがなを覚えつつある!!
という話です。

「こどもちゃれんじ ほっぷ」

2017年8月号の教材です!

・よみふだシート
(裏面では文字を並べてことばづくり)

・読み札

・取り札

 競争好き(一番好き)の子どもの心理にヒット!

これまで、ポスターやパズルで、ひらがなに興味をもつよう誘導していたものの、いまひとつ乗ってきてくれなかった こーですが・・・。

「パパと競争!どっちがたくさん、かるたを取れるかな!?」

と促したところ、効果絶大!

しかも、意外と大人顔負けの速さで札を取るのです。
文字ではなく、絵でも判断できる(というか、殆ど絵で判断している)ので、
子どもでも勝負出来るみたいです♪

最初は余裕だったパパが、すぐに本気モードに。
そして、本気でパパが負けていました 笑。

 よみふだシートと取り札の裏面で、ことばづくり♪

よみふだシートの裏面では、取り札の裏面を並べて、言葉を作ることが出来ます。

「こんな難しい事、やってくれるかな?」と心配でしたが、
パパとのかるた遊びで、すっかりひらがなかるたに興味をもった こー が、自分から
「これ、どうやるの?」と聞いてくれました!

「じゃあ、『ひらりん』を作ってみよう!」

全部の札から選ぶのは難しそうなので、数枚を選んで、
「『ひ』はどれかな?『ら』はどれかな?」とクイズ形式で選ばせてみました。

並べられたら、はてなんだくんでタッチ!

ことばが聞けます!

始めのうちは正答率が低かったのですが、彼の中で何かがつながってきたらしく(笑)、
どんどん正答率が上昇!

 ひらがなに慣れてきたと思ったら、全ての文字から!

夏休みになったこともあり、ひらがなかるたでたくさん遊ぶ時間がとれました♪
と言っても、しばらく間が空くことも有ったので、合計五回くらいです。

だいぶ ひらがなにも慣れてきたので・・・

全ての文字の中から、「ひらりん」を
見つけてみよう!

迷いながらも、何とか出来るようになりました。

 よく迷うひらがなを並べてクイズ!

こー がよく迷う「は」と「ほ」を並べて、

まるり「『ほ』はどっちだ!?」

こー「こっち!」

まるり「残念!」

「ほら、『ほ』は、ここに二つ線があるよ。『は』は一つだね?」と、一応解説(笑)。

「は」と「ほ」は難しいようですが、他の「全然違うのに区別がつかない」ような文字には、
効き目が有りました。

 どのくらいひらがなを覚えたのか、確認!

夏休みの終わり頃、

全てのひらがなを並べて、

まるり「『ふ』はどこだ!?」

こー「これ!!」

まるり「正解!」

正解したもの、間違えてしまったものを分けると・・・

まるり「マルが26個、バツが20個!
マルが多い!おめでとう!!」

こー「やったぁ!やったぁ!」

たった一か月で、ひらがなに全く興味のなかった こー が、
ここまで覚えてくれるなんて・・・!

「こどもちゃれんじ ほっぷ」は、春から良い教材が続いているのですが、
なかでもこれは、我が家では大ヒットとなりました♪

<スポンサーリンク>




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする