繊細で敏感な子どもが幼稚園で嫌がらせを受けたとき、「やめてって言いなよ」はNGだった。解決方法は?

こんにちは、まるりです。

私の年中になる息子は人一倍、環境の変化や悲しい気持ちに敏感な子どもなので、幼稚園で色々と悲しい思いを抱えて帰ってくることがあります。

こんにちは、まるりです。 突然ですが、「うちの子は、健康だし、大抵は問題ないけれど、何か……、他の子と違う」と感じる時はないでしょうか...

先日、幼稚園に行きたがらない様子だったので、何かあったのかをよく聞いてみました。

「年長さんで、いつもいつも、うおーっ!て脅かしてくる子がいるんだよ」

「(上記とは別の子で)同じクラスで、ずっと、叩いてくる子がいるんだよ」

叩かれたり追いかけまわされたりして、嫌がらせを受けていました。ものを振り回されて、小さいながら、顔にけがをしたこともありました。

今回は、この時の顛末を通じて、

  • 子どもが嫌がらせを受けたとき、NGだった意外な声かけ
  • 一筋縄ではいかなかった、先生への相談方法

をご紹介したいと思います。

NGな声かけ3つ!「やめて」と言えない息子

①「やめて」って、言いなさい

「叩かれた」「追いかけられた」と聞いた時、まずかけた言葉が、

「えっ!やめてって、言っていいんだよ!?」というものでした。

ところが、息子はこれを聞いて部屋の隅っこへ行って、座り込んでしまいました。

怖くて、「やめて」が言えない

「どうしたの?」と聞くと、「怖くて、やめてって、言えないんだよ…」と教えてくれました。

これを聞いて、私はハッとしました。確かに、大人でも、電車内での痴漢や、職場の上司からのパワハラに対して、「やめて」と言えない人が多いです。理由は、「怖いから」です。

まだ4歳の息子が言えないのも、当然です。とはいえ、このままでは困りますが……。

②先生に、「助けて」って言いなさい

ならばと、「先生に、助けてって言ってみて!きっと、助けてくれるよ」と教えました。

すると、です。今度は、どんどん後ずさりして、別の部屋へこもってしまったのです。どうやら、「助けて」も言えないらしいです。

③「あなたが最初に、何かしたんじゃないの?」

さすがにこんな言い方はしていませんが、「どうして、叩いてきたんだろうね?」と聞きました。

これに対しては、なんの返事もありませんでした。

息子が心を開いた言葉「あなたは、悪くないんだよ」

私は廊下で、「息子のためを思って声をかけているのに、どうして、どんどん閉じこもってしまうのだろう」と考えました。

そして、「○○しなさい」という言葉は全て、息子に解決方法を教えているけれど、同時に、「あなたはこうするべきだった」という意味合いにもとれるのではないか、と思いました。

息子はそれを、「あなたがこうしないから(あなたが悪いから)、叩かれるのよ(追いかけられるのよ)」というように受け取ったのかもしれません。

まずは、息子の心に寄り添ってあげないといけません。

あなたは、悪くないんだよ

廊下から、息子に「あなたは、なにも悪くないんだよ」と声をかけました。すると、そろそろと、部屋から出てきました!良かった!

叩かれたり、追いかけられたりして、悲しかったね

まずは息子と悲しみを共有してあげなければいけませんでした。「悲しかったね、嫌だったね」と声をかけて、ゆっくり抱っこしてあげました。

しばらくすると、息子は「明日も幼稚園、いくし!」と若干、強がりながら元気を取り戻しました。

先生への相談は、一筋縄ではいかなかった

連絡帳で担任の先生に相談したが、最初は解決しなかった

連絡帳に一連のできごとを書き、幼稚園の担任の先生に相談したのですが、お返事は「もう少し、様子を見ようと思います」というものでした。

下記のことが原因でした。

  • 先生が息子に「なにか困ってることない?」と聞いてくれたが、息子は「なんにもないよ?」と答えてしまった
  • 「いつも脅かしてくる年長さん(らしき子)」と息子が一緒にいる様子を先生たちも見たかけたが、一見、楽しそうに見えた。
  • 息子が、「いつも脅かしてくる子」や「叩いてくる子」の名前を知らなかった

考えてみれば、「やめて」も言えない息子が、先生に上手に相談できるわけがありません。

また、幼稚園児どうしのトラブルなので、「楽しそうに見える」のも納得です。特に脅かす子は、「息子の反応が楽しくて、遊びのつもりでやっている」のであって、「嫌がらせしてやろう」という意識はない(か、無自覚)なのではないでしょうか。

「気にしない子は気にしない、むしろ(戦いごっこの一環で)楽しんでしまう程度」なのかもしれまん。とは言え、息子は嫌がっているし気にしてしまうので、なんとかしないといけません。

夫は怒り心頭、私も真剣に

夫は、「それは嫌がらせだ!早めにそういうやつらは、つぶしておかないと!!」と、過激発言 笑。

私も「そこまで深刻な事態じゃないよ 笑」と答えつつ、真剣に考えました。

「いじめ」と「いじめじゃない(いじり、悪ふざけ)」のボーダー上の出来事への対処法

周囲に「助けて」を言える人間になること

これは、小学校、中学校に行っても、その先もずっとついて回る問題です。「まだ幼稚園だからいいや」ではなく、真剣に取り組むことにしました。

親ではなく、息子が自分で解決できるようにしたい

数日間、バスの乗り降りなどを気をつけて見ているうちに、「いつも脅かす年長さんは、あの子だな」と分かりました。

しかし、そこで親がバスに乗り込んで「うちの子、嫌がってるの。やめてくれる?」と言うのは、年中の息子のためになるでしょうか?

かえって、息子の自立を妨げるはずです。

息子が自分で問題を解決できるよう、手伝ってあげるしかありません。

「やめて」も「助けて」も、家で練習してみよう!

できないのなら、家で練習してみよう!と思い、家で予行練習をしました。

親子で一緒に、「やめて~~~!」と叫ぶ

我が家には壁にイルカや魚のステッカーが貼ってあります。天井近く(ちょっと遠くにあるもの)を指さし、息子に向かって、

「あなたは何も悪くないんだから、お母さんと一緒に、『やめて』って言ってみよう!このイルカに向かって!かけました。せーの!」

と声をかけました。当然、最初は出来ません 笑。

「じゃあ、お母さんがお手本を見せてあげるからね!『やめて~~~~~!!』」

すると、息子もつられて「やめて~~~!」と言ってくれました。

遊び感覚だったのが良かったのかもしれません。

「よく言えたね!えらいよ!」とすかさず褒めました。

先生とのお話も、予行練習

「じゃあ、ママが○○先生ね!『○○くん、何か困ってることないかな!?』」と担当の先生のモノマネを交えて聞いてみると、

息子は、耳をふさいでしまいました。

どうやら、担当の先生(体育会系で、とっても元気)に気後れしているようです。

ちょっとトーンを落としてもう一度聞いてみたのですが、

息子は「えっ?こまってること?ぜんぜん?」と回答。

「いや、そうじゃないでしょ……。叩かれたりして、困ってるんじゃないの?」と普段の調子で聞くと、

「ああ、あれね!そうなんだよ~いつも、いつも『うぉー、うぉー』ってしてくるんだよ」と話し始めました。

どうやら息子は、優しく穏やかに話しかけられると、相談ができるようです。

再度、先生に相談!ずっと気にかけてくれてた

前回の相談から二週間後、もう一度、連絡帳に「やはり気にしているようです」と書いて相談しました。

今回は「もう一度、優しく、息子に聞いてみてもらえませんか」と書き添えてみました。

今度はちゃんと相談できた

二回めということで、今度は息子がちゃんと相談することができました。連絡帳で相談したその日のうちに先生から電話があり、

叩かれた子について、

  • 相手の名前
  • こんなことがあった(叩かれた)
  • 泣いてしまった
  • 先生がその場にいなかったので、助けてって言えなかった

また、いつも脅かす年長さんについては、相手の名前は知らないけれど、

  • かぶっている帽子の色
  • バスが同じであること

などなどを、お話することが出来たそうです。色々と話せましたね!大進歩です。

叩かれた件について、先生がお話して仲直り

叩かれた件については、先生がすぐに当事者の子と「叩くのは、違うよね」と話してくれました

また、息子にも「走ってはいけないときに走って、お友だちにぶつかってしまう」ことがよくあるので、「それは違うよね」というお話をしてくれました。

(非常に息子にありそうな話です。ひといちばい敏感なくせに、ひといちばい、やんちゃなので)

脅かされる件について、先生たちみんなで気にしてくれた

「年長さんに、いつも脅かされたり追いかけられたりする」件については、当事者の子を特定できなかったので、すぐにお話ししてもらうことは出来ませんでした。

しかし、先生がさりげなく息子を年長さんのクラスに連れて行ってくれて(学年を厳密に仕切る壁がなく、他の学年にもいきやすい構造の幼稚園です)、「この子かな?」と確認しに行ってくれたり、

それでもよく分からなかったので、息子のバスコースでバスに乗る先生みんなにこの件を共有してくれて、みんなで見守るようにしてくれました。

これは最初に連絡帳で相談したときからずっと、その体制でいてくれたそうで、改めて「有難いな~」と感じました。

後日、当事者を特定できて、先生がお話してくれた

後日、年長さんの子も特定できて、先生がお話してくれました。先生が聞いたところ、やはり楽しくて息子に話しかけていた(くらいの感覚)だったそうです。

先生が、「○○くん(息子のこと)、楽しい顔してた?」と聞くと、「うーん。違ったかも?」と気が付いてくれたそうです。

息子の成長:大事な経験になりました

一連の出来事を経て、息子にも変化がありました。

  • 「年少さんの部屋へ戻りたい」と言わなくなった
  • 担任の先生への信頼感が増した
  • 「やめて」と言おうとするようになった

年中に上がってから2ヶ月ほど、ずっと「年少さんのお部屋に戻りたいなあ」とつぶやいていたのですが、それが一転、「年中さんのお部屋、大好きになったよ!」と言うようになりました。

どうやら、担任の先生と話し、「これからも、困ったことがあったら、先生に言っていいんだよ」と言ってもらえたことで、安心したようです。

やはり、親が「先生に言っていいんだよ」というより、先生から直接言ってもらう方が重要なのですね。

また、先日、バス停で戦いごっこを(本件とは全く別の子から)挑まれたとき、「ねえ、やめて?」と真顔で言っていました。親がいるから安心できる状況だったとはいえ、「よく言った!」と思いました。

やきもきした数週間でしたが、これも大事な経験だったと思います。

息子が「やめて~~~」の練習をしたウォールステッカーがこちら

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする