雨の日のおねしょ

こんにちは。まるりです。

不眠不休の授乳期が過ぎても、怒涛のイヤイヤ期が過ぎても、心が折れるトイレトレーニングが終わっても、まだ育児をするうえで強敵というものはいるものですね。

そうです・・・おねしょです!

草木も眠る午前三時に起こされて、夫から衝撃の一言が有りました。
「おねしょしてる!」
「うそでしょ・・・・・・?」

息子は寝るときだけオムツなのですが、昨日は家族みんなで寝落ちしてしまい(察してください)、パンツのまま寝かせてしまったのです。

 被害内容

  • シーツ 二枚
  • タオルケット 二枚
  • 敷布団二枚(夫と私)
  • カーペット

結構ひどい被害です。それぞれ50㎝四方くらい、おしっこで濡れてしまいました。

被害が拡大した原因

私と夫の布団のちょうど真ん中で寝ていたので、被害も倍増しました。息子の布団だけが濡れたなら丸洗いも簡単だったのに、大人の敷き布団が2枚濡れたので、処置もえらい大変なことになりました。

今後は、息子は必ず息子の布団で寝かせよう、と心に決めました。

晴れた日だって、おねしょの始末はそれなりに大変

我が家はベランダが長めで、洗濯物を干す事について制限もない物件ですので、晴れる日なら、割と何とかなります。・・・時間はかかりますが。

晴れる日の対処法

シーツとタオルケット(薄くて洗濯機に入るもの)

片っ端から洗濯機にかけ、べランダの手すりに天日で干していく

敷布団やカーペット(大きくて洗濯機に入らないもの)

お風呂で汚れた箇所のみぬるま湯で洗い、バスタオルで水分をある程度拭き取ってから、同じく天日で干していく

敷き布団とカーペットの処理の何が面倒だといって、洗濯機の仕上がりを待つ時間と、干す時の重さですね。
洗濯機を2回は多く回さないといけないし、そのあとは通常の洗濯物もしないといけないので、長時間拘束されます。

働いていた時代の対処法

働いている時代は更に大変でした。
出勤時間が迫る早朝におねしょが発覚すると、洗濯機を回す時間もないので、下記のようにしていました。

シーツとタオルケット

ぬれた部分だけ全て手洗いして、しぼって干す(早朝に)

敷布団とカーペット

おしっこの水分を出来るだけ拭き取りドライヤーで乾かしてファブリーズ(早朝に)

これがベストエフォートでしたね。

特に冬の朝5:00なんかだと早朝といってもまだ暗くて、これらの作業を夜中にやっている気分で、ものすごく億劫でした。

 雨の日は、おねしょの始末方法が異なる

折しも、今週は週末にかけて3日間の長雨です。

天日干し出来ない。コインランドリーに持っていくのも大変。そもそも、現在、台風接近中です。

一瞬、夫婦で絶望しそうになりました。

加えて、我が家の敷布団はコインランドリー不可のタイプなので、専門業者に洗浄を依頼すると、安くても敷布団一枚で5000円ほどしそうです。庶民には、おねしょのために簡単に出せる金額ではない・・・。

厳しい現実に気を取り直して、いつも通り後始末を始めました。

 乾燥機フル稼働

シーツとタオルケットは、我が家の乾燥機付き洗濯機(日立ビートウォッシュ)
に頑張ってもらいました
普段は40分ほどで終わるところが、2時間半かかかります。
今回はそれぞれ2枚ずつ有るので、2回洗濯機を回す必要があります。

加えて、普段の洗濯物もあるので、プラス40分で、合計5時間40分ですね。

朝3時に始めた作業ですので、朝8時現在、まだ終わっていません

過酷・・・!育児、過酷です!

 乾燥機にかけられないものは、洗ってはいけない

うっかり晴れている日のように、カーペットをお風呂で洗ってしまいましたが、これ、失敗でした。

雨の日に、乾燥機にかけられないような大きなものを濡らしてしまうのは、致命的です・・・!浴室乾燥では、乾く気配も有りませんでした。

仕方なくお風呂場に放置される、ぐっしょり濡れたカーペット・・・。このままでは、乾く前にカビが生えそうです。

ちょうど替え時だったこともあり、夫婦で相談した結果、処分することに(涙)。
捨てるにあたり、指定の大きさに切り刻むのがまた大変そうでした、夫が。出勤前にごめんね、有難う。

 雨の日のおねしょは、応急処置が大事

雨の日は洗濯機に入らないもの(大きなカーペット等)を洗う事は出来ない、という結論になり、敷布団は応急処置をすることになりました。

おしっこの水分を出来るだけ拭き取り、ドライヤーで乾燥させ、除菌スプレーをかけました
水分を拭き取るときは、キッチンペーパーやオムツを開いたものが、洗濯物が増えなくて便利でした。

先ほど落ち着いて調べたのですが、おしっこは98%が水分、2%が尿素などその他の成分だそうです。においが発生するのは、尿素に細菌がとりついて、アンモニアが発生するためだとか。

ということは、早期発見、早期対策(乾燥、除菌)をすれば、におわない・・・!?

上に書いたような応急処置対応で、ほぼ充分・・・?
天日干しが出来なくても、そんなに慌てることはないのかもしれません。

逆に、干せるからといって、気がついても朝まで放置するのは(特に細菌が発生しやすい夏は)要注意ですね。

 まとめ:今後のおねしょ後始末方法

 応急処置を重視

今朝のことは大変でしたが、敷布団やカーペットの処置について学ぶことがありました 笑。

  • これまで→部分的に手洗いして天日干し
  • 今後→すぐに水分を拭き取り、ドライヤーで乾かし、除菌スプレー

晴れている日は更に天日干しをすると、気分が良さそうですね。

おねしょに気が付いたのが朝で、もう変なニオイがする、などといった時は手洗いした方が良いと思われます。

まあでも、一番大切なのは、

寝る前に忘れずにオムツに替えることですけどね

あと、息子は息子の布団で寝る(親の布団で寝かせない)こと!

<2018.7 追記>

4歳になった息子ですが、まだおねしょしてます……!!

でも、カーペットをジョイントマットにしたので、少し対応が楽になりました。濡れてしまった部分だけ取り外して洗えて、ほんと便利です。最初からこれにしておいたら良かった。

<スポンサーリンク>




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする