ごあいさつ② HSCの子どもを育てる、HSPの母親として

こんにちは、まるりです。

私は3年前に、育児の大変さや、育児中のおしゃれの難しさなどを記事にするためにブログを始めました。

現在、息子が6歳になり、今後、この6年の育児を振り返って、まとめていきたいと思っています。

息子はHSCで、2歳頃から、「ちょっと他の大多数の子と違うな」と感じることが多く有りました。

イヤイヤ期や、しつけの時期、幼稚園時代などを通して、「HSCの息子に合った対応方法は何だろう」と考えることが多く、常に「息子がHSCであること」と向き合い続けた、2歳~6歳の4年間でした。

また、私自身もHSPであることが分かり、他の人より強く悩む点は、自分の敏感な性格に関係しているという事が分かりました。

息子が2歳~幼稚園の年中ごろまでは悩みが多く、精神的につらいことも何回か有りました。

ただ、年中の終わりごろから、急に「なんだか楽になってきた」と感じることが増え、年長からは、「息子がHSCで良かった」「自分がHSPで良かった」と思うようになりました。

もし、私と同じように悩んでいる方がいたら、私の経験が参考になれば嬉しいと思います。

もちろん、HSCの子どもも、ひとりひとり違うので、我が家の事例が参考にならない方も、たくさんいると思います。

HSCの子育ての、一つの事例として、「こんなやり方をした家もあるんだ」と捉えて頂けたら幸いです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。