ただ今、サイトの工事中です

30代・40代におすすめの帽子 アシーナニューヨーク リサコとカミラ

こんにちは、まるりです。

みなさんは、お気に入りの麦わら帽子はありますか? 私は、これだ!という帽子が見つからず、毎年、プチプラの帽子を買っては「この帽子もいまいちだったなあ…」と後悔していました。

そこで、今年はあの お高い、アシーナニューヨークの麦わら帽子を買ってみることに。しかし、アシーナニューヨークの永遠の定番「リサコ」と、石原さとみさんが着用したことで大人気になった「カミラ」、どちらを購入するべきか、とても迷いました。

まずリサコを購入したのですが、「あれ……、なんか、似合わない」という残念な結果に。そこで 思い切ってカミラも購入しました。

両方 購入したからには、徹底的に比較し、顔タイプや身長、コーデスタイルの点から、どちらの帽子がどんな女性に向いているのか、まとめてみました!

ちなみに、私は以下のような特徴があります。

骨格タイプ→ウェーブタイプ(上半身のみやせ型)
パーソナルカラー→サマー
身長→150㎝(いわゆる低身長さん)
顔→見事な丸顔
コーデスタイル→育児中のためカジュアルコーデ中心、時々きれいめコーデ
年代→30代半ば
目次

形とサイズの比較

「リサコ」の形

リサコは「キャペリンハット」という形状です。つば広で、つばが少し下を向いています。女優帽とも呼ばれる形ですね。女性向けで、日差しをよけるために適した形状です。

素材はペーパーが有名ですが、ラフィアで作られたものもあります。この記事を記入時(2020年5月)、バーニーズニューヨーク取り扱いのリサコはペーパー、ベイクルーズストア取扱いのリサコはラフィアでした。

「カミラ」の形

カミラは「中折れ帽」という形状です。上部が独特の形状でへこんでおり、もともとは男性用の柔らかな帽子です。しかし全体的に丸みがあるので、女性らしい印象でもあります。素材は、私が見る限り、2020年はペーパー素材のみでした。

上手く撮影できませんでしたが、つばの裏側には金色の糸が使われており、キラキラしています。細かいところまで綺麗だなあ、と見入ってしまいました。

リサコもカミラも、細かく均等な編み目がきれいに並んでいるので、柔らかいながらも、しなやかです。お値段はとても高いのですが、確かに上質です。

「リサコ」と「カミラ」サイズ比較

リサコのサイズ

  • 高さ 約13㎝
  • 頭回り 約58㎝
  • つば 約12㎝

カミラのサイズ

  • 高さ 約10㎝
  • 頭回り 約57㎝
  • つば 約6.5㎝

比較してみると、特につばの幅が全く違いますね。カミラが約6.5㎝に対して、リサコは約12㎝と、倍近く、つばが広いデザインです。また、高さもリサコの方が約3㎝高いです。頭回り以外は、全体的に、リサコの方が大きなデザインです。

実際、どのくらい大きさが違うのか、画像で比べてみました。

かなり印象が変わりますね!

リサコとカミラは、人によって似合う・似合わないがはっきり分かれるほど、全く違う帽子のようです。もし、「どちらを購入するか迷っている」という方は、じっくりとどちらの帽子が似合うか、または使用目的に合っているか、検討した方がいいかと思います!

アシーナニューヨークは、頭回りが小さい?

ネット上で口コミを調べていた時、「アシーナニューヨークはきつい」という口コミをいくつか見ました。確かに、内部のテープで調整できる仕様にはなっていますが、個人的な感想としては、このテープを使っても、あまりサイズ調整は出来なさそうでした。

リサコもカミラも、頭回りは約57~58㎝と、ほぼ同じでした。頭回りについては、普段使っている帽子のサイズを計測して、57~58㎝で問題がないと判断してから、購入した方が良さそうです。

顔タイプで比較

私は骨格ウェーブ体型なので、普段は「骨格ウェーブタイプに似合うアイテム」を考えることが多いです。

しかし、帽子については、「骨格ウェーブタイプに似合う帽子」は、「まるっぽいシルエットのものが似合う」というような記載しか見つけられず、帽子というものはだいたいが丸いため、あまり参考になりませんでした。

そこで別の判断基準がないか探したところ、「顔タイプ」というキーワードを見つけました。

顔タイプについて色々と調べたところ、似合う帽子については、下記の2つのポイントがありました。

ポイント① 顔の長さ=似合うつばの広さ

・顔が長め(卵型・面長・縦長のベース型)の人→つばが広い帽子が似合う
・顔が短め(丸顔・横長のベース型)の人→つばが狭い帽子が似合う

ポイント② 目の印象=帽子の印象

・優しげで丸みのある目の人→曲線的なフォルムの帽子が似合う
・キリッとした切れ長の目の人→直線的な帽子フォルムの帽子が似合う

こちらのポイントを参考にして、リサコとカミラが似合う顔タイプをまとめました。

リサコは「卵型・面長・縦長のベース型」向け

上記のポイントで言うと、リサコは「つばが広く、曲線的な帽子」なので、「顔が長め(卵型・面長・縦長のベース型)で、優し気で丸みのある目の方に似合う」ということになります。

アシーナニューヨークは当初NYで創立されたブランドなので、リサコは欧米の女性に多い面長な方をターゲットにした帽子なのかもしれません。

面長なモデルさんの画像をお借りしました。

(画像はzozotown様よりお借りしました)

似合う方がリサコをかぶったときは、本当に優雅ですね。

私は丸顔のためか、リサコをかぶったときに顔の短さが強調されてしまい、絵本の中の、帽子をかぶった小人のような感じ(またはムーミンのスナフキン)のように見えなくもありませんでした。

カミラは「丸顔・横長のベース型」向け

カミラはというと、少し複雑です。

中折れ帽なので、本来は直線的な帽子ですが、カミラは少し丸みがあります

そのため、直線的な帽子が似合う方も、曲線的な帽子が似合う方も、どちらでも似合うのではないでしょうか。

つまり、カミラは「つばが狭く、直線的でもあり、曲線的でもある帽子」なので、「顔が短め(丸顔・横長のベース型)の方に似合う」(目の印象はどちらでも似合う)ということになります。日本人で最も多い顔の形は丸顔だと言われていますので、多くの日本人女性の方に似合う帽子、と言えそうです。

また、面長の方でも小顔の方は、相対的につばが広く見えるので、カミラが似合うと思います。

比較的丸顔かな?というモデルさんの画像をお借りしました。

(画像はベイクルーズオンライン様よりお借りしました)

リサコより親近感があるような、でも洗練された雰囲気ですね。ぜひ、石原さとみさんのカミラも検索してみてください♪ 本当に可愛いです。

身長で比較

身長が150㎝前後の低身長の方なら、誰もが悩む問題だと思うのですが、つばが広い帽子だと、ものすごく頭が大きく見えるのです……!!

そうなると、顔タイプ以前に、身長150㎝の私には「リサコ」を使いこなせないのではないか、と検証してみました。

リサコは、低身長には難しい

色々なコーデを試した中で、やはりリサコだと、低身長の私には似合わないコーデがありました。特に合わなかったのが、下記のボーダーTシャツとリネンギャザースカートとの組み合わせです。

特に横から見たとき、顔どころか頭部全体が大きく見えてしまい、全体のバランスが悪くなりました。

帽子を小さく見せようとつばを折ったりしてみましたが、残念な結果になりました。リサコ自体はエレガントで美しい形なのに、こちらのコーデでは野暮ったい印象になってしまいました(もちろん、かぶった人間の落ち度ですが…)。

カミラは低身長向け

つばのせまい「カミラ」で上記のコーデをすると、下の画像になりました。カミラだと全体のバランスがよくなり、頭部が小さく見えました!

私の低身長という残念な点をカバーしてくれています。

平均身長以上の方はリサコ、低身長さんはカミラ

このことから、身長の点から言うと、リサコは次のような方が向いていると思います。

<リサコが向いている方>

  • 身長が156㎝以上の方
  • 身長が150㎝前後の方でも、ヒールのある靴を履く方

カミラは、次のような方が向いていそうです。

<カミラが向いている方>

  • 身長が160㎝以下の方で、ヒールのある靴を履かない方
  • 顔がとても小さい方

156㎝~160㎝ほどの、日本人女性の平均身長に近い方は、カミラとリサコ、どちらも使いこなせるかと思いますので、身長以外の点から検討しても良いかと思います♪

コーデスタイルで比較

低身長である私には難しいリサコですが、コーデによっては、うまくまとまったものもありました。

(私なりに)エレガントなコーデをしてみると、リサコの良さを出す事ができました。

そしてカジュアルなコーデだと、やはりカミラの方が合わせやすいコーデになりました。

リサコはエレガントコーデ向け

色々なコーデを試してみて、「リサコは女性らしく、エレガントにしてくれる帽子」だと分かりました。

ニットプリーツスカートで縦長コーデ

下の画像は、リブニットにロング丈のニットプリーツスカートを合わせたものです。

ニットプリーツスカートは、重みがあるので、広がらずにすとんと下に落ちて、全体的に細長いコーデになります。

細長いIラインコーデで低身長をカバーし、かなりマキシ丈のスカートでエレガントな感じ(ってこんな感じですかね)を出してみました。

子どもっぽくなりがちな、身長150㎝の私でさえ、これだけ優雅な感じにしてくれました。

もっと身長のある方や、元々の雰囲気が洗練された方なら、どれだけ素敵になるんだろうと思います。

つばも自由自在に折る事ができるので、360度、どこから見ても素敵なシルエットです。後ろから見ても素敵な帽子でした。

デニムのきれいめコーデ

また、デニムでも、足元をスニーカーにするか、パンプスにするかで、かなりコーデのバランスが変わりました。

スニーカーだと、「なんか違うね」感がありますが、パンプスにすると、本当に合わせやすくなりました。

ヒールのある靴だともっと良くなると思います。

デニムやチノパンなど、カジュアルなアイテムを使うときは、靴やアクセサリーで女性らしさを足す方が、リサコに合うコーデになりそうです。

足や腰回りが細くて、もっと、かっこよくデニムを履ける方なら、スニーカーでもお洒落にコーデできます。

真夏ワンピースコーデ

8月などの一番、暑い季節になると、多くなるのが風通しのよいワンピースですね。

リサコと真夏のワンピースは、もう鉄板と言っても良いくらい、しっくりきました。

そもそも麦わら帽子は真夏のアイテムですが、それに加えて、ワンピースというアイテムの女性らしい雰囲気に、リサコがとても良く合っていました

つばの広さが、真夏感を高めてくれて、夏ならではのコーデになりました。

リゾートワンピースとも、とても相性が良いと思います。

私は持っていませんが、「マリハ」や「ヌキテパ」など、いま人気の上質なコットン素材のワンピースと合わせると、とても良さそうですね。

こちらのモデルさんは、マリハの「草原の虹のドレス」と、アシーナニューヨークの「プルメリアサマーハット」を合わせています。

(画像はゾゾタウン様よりお借りしました)

(2020年6月16日追記)
マリハのワンピースを購入しました。カミラと合わせたコーデをご紹介しています。

あわせて読みたい
マリハのワンピースは、身長が低いと似合わない?きつい?「夏のレディのドレス」のサイズ感
マリハのワンピースは、身長が低いと似合わない?きつい?「夏のレディのドレス」のサイズ感こんにちは、まるりです!蒸し暑い夏は、1枚で涼しく、おしゃれなワンピースが着たくなりますよね。マリハのワンピースの口コミを見ると、「インド綿100%で着心地の良...

カミラは、色んなコーデスタイル向け

リサコは「エレガントなコーデをますます洗練させてくれる帽子」ですが、カミラは「いろいろなコーデスタイルに合わせられる帽子」でした。

カジュアルコーデ

デニムジャケットやデニムにスニーカーなどの、ママコーデにも違和感なく合わせることが出来ました。子どもと公園に行くコーデにも、さっとかぶれて、上品にまとまります。

本当はお値段が高いので、もっと出し惜しみしたいのですが、毎日かぶりたくなってしまう、危険な帽子です 笑。

ナチュラルコーデ

こちらは上下ともに無印良品のリネンという、ナチュラルなコーデです。更に麦わら帽子までかぶってしまうと、若々しさがなくなってしまうかと心配したのですが、決してそんなことはなく。「あら、上品」という感じになりました 笑。初夏の朝や夏の夕涼みに、散歩に行きたくなるコーデです。

エレガントコーデ

リサコがとても良く似合っていたこちらのコーデですが、カミラにも、とても素敵に合わせることが出来ました。

幅広のリボンが効いています。リサコはラグジュアリーな感じが素敵でしたが、カミラはどこか可愛らしい感じです。

ドラマ「高嶺の花」で、石原さとみさんは、こうした女性らしいコーデにカミラを合わせていたので、石原さとみさん気分を少し味わえて、テンションが上がりました 笑。

カミラにはレースをあしらったものも定番なので、そちらは更に可憐な装いになります。

真夏のワンピースコーデ

真夏のワンピースにも、当然のようにしっくりきました。ワンピースのフェミニンさと、中折れ帽のメンズライクな雰囲気が、少しギャップがありつつも、まとまっていて、お洒落です。

春先から真夏まで、エレガントからカジュアルまで、幅広く使えて、とても便利な帽子です。

エレガントコーデならリサコ、カジュアルコーデもしたいならカミラ

こちらはボーダーTシャツにチノワイドパンツという、カジュアルなコーデです。

しかし、左のようにリサコを合わせると、シックに、エレガントなコーデに寄ります。

靴をパンプスに変えたら、より女性らしいコーデになると思います。右のようにカミラに合わせると、カジュアルな雰囲気はそのままです。

このため、普段のコーデをエレガントに、女性らしいものに寄せたいならリサコが良いと思います。パンプスやアクセサリー、メイクのどれかで、もう少し女性らしさを足すなど、さじ加減も楽しめます。

逆に、スニーカーを中心としたカジュアルなコーデにも無理なく合わせたい、ということであれば、カミラが良いと思います。幅広のリボンで、アシーナニューヨークらしさもちゃんと味わえます。

実用性で比較

帽子を買うにあたって、おしゃれ重視で買う方と、日よけや持ち運びなど、実用性を重視して買う方もいると思います。

そうした意味での実用性という点では、リサコの方が適しているかもしれません。

日よけの点では、リサコは最強

さすが女優帽ですね。前も横も、日差しを遮ってくれます。

かぶった瞬間、「紫外線から、守られてる…!」という安心感がすごいです。

しかも、つばのシルエットが、ものすごく優雅です。

改めてカミラと比べてみます。

カミラは可愛いのですが、顔全体に日陰を作る事は出来ません(もちろん、かぶることで強い日差しからの頭部へのダメージは軽減できます)。

紫外線ガードの点では、リサコの圧勝です。

リサコは前が見えにくい?

「リサコは前が見えにくい」という口コミもたまに見ますが、下の画像のように、つばの前の方を折ることもできるので、日よけをしたいときと、視界を広くしたいとき、つばの折り方で使い分けることが出来るかと思います。

リサコは、つばの硬さが丁度いいので、一度折ると、そのまま、ぴたっと形状をキープしていました(使うにつれて、すこしずつ柔らかくなっていってしまうとは思いますが)。

ただし、風の強い日に自転車に乗っていると、急につばが前に折れて、顔にかかってしまい何も見えなくなりそうです。

つばが広い分、風に飛ばされやすいかと思いますし、自転車に乗る時には適していないかと思います。

リサコといえば、折り畳み

リサコといえば、「折りたためるつば広帽子」として、ママたちに長く愛用されているそうですね。

私も試しに折りたたんでみると、確かに!ぺたんと平面状になりました。

これなら、トートバックなどにも収納しやすいです。

ただ、「アシーナニューヨークは折り畳みを推奨していない」といった記事や、「折りたたむと癖がつくので、たたみたくない」という口コミもありました。とはいえショップによっては、販売用の写真がこのように平面状にたたまれている時もありました。

「折りたたんで持ち運んだり収納したりするかどうかは、個人の判断」ということかもしれませんね。

正規品を買えるショップ

実際に見に行けるショップ

アシーナニューヨークは公式HPにショップリストが載っているので、こちらで正規取扱店を確認することが出来ます。

「アシーナニューヨーク(公式HP)」http://athenanewyork.com/topss

2020年5月現在、BARNEYS NEW YORK、 BEAMS、TOMORROWLAND などの有名なショップの他、ISETANやHankyuなどのデパートも記載がありました。

まずはこうしたショップで、試着することをお勧めします♪(フリマサイトなどで購入する場合も、高額の商品なので、出品者の方が正規取扱店で買ったことを確認した方がいいと思います)

ネットで買えるショップ

とは言え、色んな理由で、店舗に行けないことってありますよね…。

そんな方は、各ブランドの通販や、ゾゾタウンでも購入できます。

とはいえ、出来る事なら、少しでも安く、ポイントなどを活用したいですよね。

そこで探したところ、楽天やヤフーショッピングにも出店している正規取扱店もありました!

正規取扱店なら楽天ショップでの買い物でも、品質に安心できますね♪

まとめ リサコもカミラも素敵です

リサコが似合うのは、こんな方
  • 顔が長め(卵型・面長・縦長のベース型)で、目が丸みのある方
  • 身長が156㎝以上の方
  • 身長は平均より低いけれど、ヒールのある靴が多い方
  • エレガントなコーデが好きな方
  • 紫外線よけ、持ち運びなどの点を重視する方
カミラが似合うのは、こんな方
  • 顔が短め(丸顔・横長のベース型)の方
  • 身長が160㎝以下で、スニーカーやぺたんこ靴が多い方
  • カジュアルなコーデも多い方
  • 紫外線よけの点は、ある程度、妥協できる方

いかがでしたでしょうか?

私個人の例で言うと、丸顔、低身長、カジュアルコーデが多い、と言った点から、明らかにカミラが向いていました。

リサコは、残念ですがフリマアプリなどで手放そうと思います。

今後、カミラを長く大切に、たくさん着用したいと思います♪

    プロフィール背景画像
    まるり
    30代の主婦。
    夫と、HSCの男の子との3人暮らし。
    シンプルで長く使えるインテリアや、年齢に合ったおしゃれが好きです。
    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる