6歳の息子がオンライン英会話「ネイティブキャンプ」を1ヶ月受講した結果

こんにちは、まるりです!

我が家の6歳の息子が、オンライン英会話「ネイティブキャンプ」を始めました。

1か月受講してみて、とても満足していますが、始める前は色んな不安がありました。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

サービスの使い勝手はいいの? 講師や教材の質はどうなんだろう?

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

オンライン英会話って、ぴんとこないけど、ちゃんと上達するの?

私と同じように、始める前に不安や疑問に思っている人がいるかと思いましたので、今回、我が家の経験と私の感想をご紹介させて頂きます!

ネイティブキャンプの特徴

我が家が受講したオンライン英会話の概要は、下記の通りです。

オンライン英会話ネイティブキャンプ
受講ペース1日1回を毎日
費用月額 6480円
教材レベル就園前~12歳程度

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

オンライン英会話って、とっても安い!

費用は、月に30回受講したとすると、1回あたり216円ということになります。1回あたりの受講時間は25分です。

ネイティブキャンプを選んだ理由

事前予約が不要で、いつでも始められる
月額制で、月に何回受けても良い

習い事って、ほんとに時間にしばられてしまい、親にとっても負担です。少しでもストレスを減らしたくて、事前予約が不要のネイティブキャンプを選びました。

(別途、料金がかかりますが、予約することも可能です)

また、息子は本当に英会話が苦手のようだったので、とにかく毎日、英会話に触れて、習うより慣れて欲しかったので、月々定額で受け放題、というプランにしました。

子どもが学んだコースと教材

コースキッズコース
教材LET’S GO

教材は世界的人気を誇る、児童英語のベストセラー教材だとか。オーディオ(音声教材)部分も多く、歌で楽しく英会話を学べるようになっています。

ネイティブキャンプの公式アプリによると、キッズコースは、3歳くらいの子どもから基礎から学習したい大人にもおすすめのコースとのことです。

教材「LET’S GO」は、レベルによって前半「LET’S BEGIN」と後半「LET’S GO」に分かれています。

「LET’S BEGIN」は数字や色、形などを中心に、身近なものの言い方(This is ~、There are ~、など)を覚えます。「LET’S GO」は会話を基本とした段階別のテキストだそうです。

「LET’S BEGIN」だけでも全66回、「LET’S GO」に進むと、なんと全222回で、更に副教材「LET’S GO Phonics」全66回も併用するそうです。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

これは、子ども英会話として、かなり高いレベルまでやってくれそう

最初の受講時にレベルチェックテストがあり、ある程度 英会話が出来る子は、講師から前半をとばして受講するように指示されるかと思います。全く英会話ができない息子はレベル1から始めました。

千里の道の一歩めです 笑。

ネイティブキャンプのサービスは使いやすい

事前予約が要らない「今すぐ英会話」

息子は、英会話があまり好きではなく、自分からすすんで「英会話やりたい」というタイプでは有りません。

そこで、「学校から帰ってきて、水分補給をして、すぐオンライン英会話」「休日は、朝ご飯を食べて、すぐにオンライン英会話」という習慣にしました。

習い事というより、毎日のルーティンと思わせて、有無を言わせずやらせよう、という作戦です 笑。

息子の丁度良いタイミングで始められるからか、思ったよりスムーズにルーティン化してくれました。

私自身も、「ほら、あと5分で始まるよ!いつまで、おやつ食べてるの!?」などと、息子を急かす必要がなく、本当にストレスフリーです♪

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

オンラインだから送迎もないし、予約時間を気にする必要もない!こんな楽な習い事、初めて!

専用アプリが使いやすい

ネイティブキャンプは、専用のアプリをパソコン又はタブレット、スマホなどにダウンロードして、受講します。スカイプやズームなど、他のサービスは要りません。

我が家はスマホで受講しているのですが、パソコンを起動する必要がなく、思い立ったらすぐに始められて、とても楽です。ただ、スマホだと画面が小さいので、教材の文字が、かなり小さくなります。

スマホより大きな画面のタブレット端末があると、最も良い環境かと思います。

また、外出先でもwifi環境があれば、普段通りレッスンを受けることが可能です。先日、おじいちゃんの家に行きましたが、スマホでいつもの通り受講出来ました。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

帰省中や旅先でも、「毎日、英会話」の習慣を変えずに続けられる♪

ネイティブキャンプで良い講師を選ぶコツ

我が家は全く予約をしないので、毎回、その時に空いている講師を選ぶことになります。そのため、息子は既に約30人の講師のレッスンを受けました。

欧米の講師はとても人気で、いつも予約で埋まっています。待機している講師は、8割方がフィリピンの先生、あとはセルビア、ザンビア、トルコ、イランなど、正に国際色豊かです。

日本と違って、幼い頃から英語を話していた方々とは思いますが、やはりそれぞれの国の、発音クセがあります。講師によって、「かなりクセが激しいな」という人もいれば、「欧米の人と変わらない、きれいな発音!」という人もいます。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

講師の質は、正直バラつきが、あるかな

というのが、正直な感想です。そのため、講師は気をつけて選ぶようにしています。

コツ① 絞り込み機能で絞る

講師を選ぶのに、便利なのが「絞り込み機能」です。国籍や性別、年齢、特徴などで絞り込むことが出来ます。我が家は次の二つの条件で絞っています。

「子ども対応可」でしぼる
「年齢」でしぼる

子どものレッスンには「子ども対応可」の講師を選びます。私は30歳以上の先生が落ち着いていて、息子に合っていると思うので、「年齢」を「30代」または「40代」で絞るようにしています。

コツ② レッスン回数で選ぶ

講師ごとに、これまでのレッスン回数が表示されているので、我が家は原則、レッスン回数が1000回以上の講師を選ぶようにしています。

やはり慣れている講師だと、息子のレベルをすぐに理解してくれて、息子に伝わりやすいように工夫してくれるので、授業がスムーズです。経験豊富な講師は、ほめ上手な人が多いように思います。

たくさん、ほめてもらって、息子もご機嫌で続けています。

コツ③ 紹介動画で発音や雰囲気を確認する

それぞれの講師が英語で話している紹介動画があり、それで発音や雰囲気を確認することが出来ます。

「ネイティブキャンプ」を「ネイティブンプ」と発音する先生もいれば、欧米の方と変わらない、聞き取りやすい発音の先生もいます。

将来的には、欧米だけでなく、色んな国の人と話せるようになって欲しいので、色んなクセの英語に触れるのも大事だと思います。

でも、今は始めたばかりなので、まずは欧米の人に近い発音をしてくれる講師を選ぶようにしています。(私も詳しくはないので、「このひと、上手な気がする」という感じで選んでますが 笑)

また、息子にも「この人の声は眠くなる」「この人の声は聞き取りにくい」など、何らかのポイントがあるようで、一緒に動画を確認すると、一丁前に「NO(この先生はいやだ、の意味で言ってます)」などとダメ出しをしてきます。

我が家の繊細な息子にとっても、事前に講師の動画を見て、自分で選んでいるので、毎回、初めての講師でもスムーズに受講できるみたいです。

オンライン英会話受講の様子

1か月の受講で、かなり息子が変わったと思うので、始めたばかりの様子と、最近の様子についてご紹介します。

受講を始めたばかりの息子の様子

ごく簡単な挨拶(Hello、How are you?など)も出来ない
講師の指示が何ひとつ分からない(「(英語で)繰り返してね」「(英語で)次の絵にすすんでね」など)
発声が聞こえないほど小さい
母親が付きっきりで、そばにいないといけない
途中で寝る

息子は、これまで「ちゃれんじEnglish」や英語のアプリゲームなどのおかげで、アルファベットや簡単な英単語の知識はありました。

オンライン英会話を始める前に、1ヶ月ほど、私が毎日(1日に10分くらい)教えてみたのですが、不思議なほど、「How are you?」に対する「Good」すら答えられるようになりませんでした。

そんな息子なので、始めたばかりの頃は、知っているアルファベットや単語を繰り返すだけの時でさえ、蚊の鳴くような声しか出せませんでした。

また、海外の人と初めて接する事でとても不安になったのか、受講中はずっと私の手をにぎっていました。緊張が限界を超えると、なぜか寝落ちしてしまう息子なので、受講中に2回、深い眠りについてしまったこともあります。

私は「わーっ」と慌ててしまいましたが、講師の方は、「いいよいいよ、よくある事だから」と、とても大らかでした。

息子が上達するための対策

オンライン英会話の前に、「簡単な挨拶」と「よくある講師の指示」を練習する
オンライン英会話の後に、分からなかった箇所を復習する
ソファではなく、ダイニングテーブルで受講する

息子の受ける「キッズコース」では、教材の内容に入る前に、必ず、「ちゃんと見えてる?聞こえてる?」「今日は元気?」「名前は何ていうの?」「何歳なの?」といった、簡単な挨拶程度のことを3つ~5つ程度、講師が質問します。

なに一つ分からない息子は、まずそこでパニックになっていたので、オンライン英会話の直前に、私と挨拶の練習をするようにしました。

「Helloは、こんにちは、っていう意味だから、Helloって言われたら、Helloって言い返せばいいんだよ」という感じで、初めの一歩は、日本語を混ぜてゆっくり教えてあげました 笑。

また、オンライン英会話の直後は、その日に教わったフレーズを、もう一度練習するようにしました。

家にあるものを使って、「What color is this?」などと聞き、「It’s blue.」と、文章で教わったものは文章で答えられるようになるまで、10分程度、教えました。

それでも分かってないかな、という場合は、次回も、同じページを選ぶことが出来るので、同じページを繰り返し受講しました。

驚いたことに、私が1人で教えていた時は、いくら教えても定着しなかったのに、オンライン英会話を始めてから、ぐんぐんと「文章としての英会話」が定着するようになりました

どうやら息子の方で、「次のレッスンまでに、覚えなきゃ!」という意識が強くなり、必死に覚えてくれたようです。

1か月受講して、最近の息子の様子

「簡単な挨拶」が出来る
「よくある講師の指示」を聞き取れる
声が大きくなった
ほぼ付き添い不要で、1人で受講できる

講師の質問に対して、「Good」「I’m ○○(名前)」「six(年齢)」といったことを答えられるようになりました。

また、英語で「準備はいい?」「今日は○○ページだよね、合ってるかい?」「下の絵を見てね」といったことを尋ねられたり指示されたりしても、自分で「Yes」「OK」などと答えています

分からないものはとりあえず「OK」と言っているふしもありますが、まあ、かなり成長したと思います。

声も大きくなり、寝ないようになりました。←最低限ですが…… 笑

ほぼ付き添い不要で、1人で受講してくれるので、家事をしながら、受講の様子を片手間に聞きつつ、どうしても息子だけでは解決しない時だけ、サポートに入るようにしています。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

期待以上に上達しました!

6歳の息子が、オンライン英会話を1ヶ月受講した結果

英語アプリゲームや親による学習では、どうしても超えられなかった「英会話の一歩目の壁」と乗り越えて、ぐいぐいと英会話を学び始めてくれました!

息子にとっては、特に次の点が良かったようです。

毎日、英会話ができる
絶対に日本語が通じない(だろう)相手と話す
基礎からじっくり、自分のペースで受講できる

忘れる前に、またレッスンがあるという状況が、英語の定着には良さそうでした。

また、カメルーン人の講師など、明らかに日本語が通じない相手だと、息子も「英語を話すしかない!」と直感で分かったようです。

マンツーマンなので、自分だけのペースで出来ることも、息子にとっては良かったようです。もし通常の英会話教室に行き、グループレッスンで、他の子がどんどん進んでしまうと、とても落ち込んでしまっただろうと思います。

最近では、息子も自分の上達が分かってきたようで、「英語、楽しくなってきた」と言っていました。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

これからも君のペースで頑張ってくれ、息子よ!

いかがでしたでしょうか。ご参考になりましたら幸いです♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。