シースルー タートルネック、30代ママのレビュー・使い方・コーデ

こんにちは、まるりです!

最近、シースルーやシアーといった透け感のある服が流行っていますね。

正直、透け感のある服は、若い方には良くても、30代半ばの私にはちょっとハードルの高い服かと思っていました。

でも、最近、シースルーのタートルネックを買ってみたら、これが意外にも、とても便利でした!

今回は、

・シースルー タートルネックとは?
・シースルー タートルネックの使い方
・シースルー タートルネックのコーデ

をご紹介したいと思います!

シースルー タートルネックとは

シースルー タートルネックとは、ごく薄く、柔らかくて透ける生地で作られたタートルネックのことです。

下の画像は、私が購入したシースルー タートルネックです。

商品名は、「シアーリブカットソー」でした。

こうした商品は、「シアー タートルネック」「チュール タートルネック」「チュール タートルネック」などの名前で販売されています。

シアー≒シースルー≒チュールのようです。

「ハイネック」という販売名もあり、ハイネックだと、タートルネックより少し首元が短めであることが多いです。


YECCA VECCA「シアーリブカットソー」 税込5489円
(ZOZOTOWN様にて購入させて頂きました)

透け感がとても強いので、使い方を間違えると、ほんとにイタイおばさんになってしまいます。

30代後半の女性としては、本当によく気をつけたいと思います。

素材はレーヨンやポリエステルなど、化繊が多いのですが、中にはウールやコットンなどの天然素材が使われているものもあります。

ウールのものは、暖かそうで特に秋冬に良さそうですね。

たいていは、こちらの生地のように、リブになっていたり、ガーゼのようになっていたりして、伸縮性があるものが多いです。

(中にはブラウスのような素材で、伸縮性がないものもあります)

程よいフィット感のものが多いので、身体のラインがはっきりと出てしまうのが特徴です。

そのため、骨格タイプでいうとナチュラルタイプかウェーブタイプの、上半身が華奢なタイプの方が良く似合うと思います。

骨格ストレートタイプのような、上半身に肉感のある方だと、透け感がセクシーになりすぎてしまうかもしれません。

お手入れについては、ネット使用とのことでした。

繊細な感じの生地で心配なので、念のため、ネットに入れておしゃれ着洗いをしています。

耐久性については、正直、あまり期待できないかなあ、と思います……。

(あまりにも便利で、2日に1回くらい使ってしまいそうなので)

来年の秋冬も使えたら有難いのですが、どうだろう、もつかなあ、という感じです。

できれば、もう1枚買って、大事にローテーションして使いたいと思います。

シースルー タートルネックの使い方

使い方としては、大きく分けて2種類あります。

・ニットやワンピースの中に着て、インナーとして使う
・シースルータートルネックの中にインナーを着て、カットソーとして使う

売られている商品も、

「とても薄く、重ね着のインナーにしやすいもの(インナーっぽい感じ)」と、

「少し身幅などに余裕があり、透け感もあり過ぎなもの(カットソーっぽい感じ)」

に分かれています。

ニットやワンピースの中に着て、インナーとして使う

私が購入したものは、とても薄くて、着ると体にピタピタして、「インナーより」でした。

下の画像のように、袖のあるワンピースに重ね着して、襟元と袖だけ、チラッと出す感じで使っています。

こちらのタートルネックは、繊細な感じでひらひらしていて、とても可愛いです!

薄く柔らかなリブ生地が、少し、くしゅっとなるところが良いです。

このワンピースは、中にインナーを着ないと、レース部分が本当に寒いので、おしゃれに重ね着が出来るアイテムは有難いです!

カーディガンを重ね着しても、背中と胸元が寒すぎて、10月までしか着られないかなと思っていましたが、シースルータートルネックのおかげで11月以降も着られそうです!

薄いですがしっかり首元や手首まであるカットソーなので、インナーとして着ると、思った以上に暖かく、30代・40代の女性にとても優しいアイテムです。

個人的には、こちらの「シアーリブカットソー」の良いところは、ネック部分が長すぎないところです。


(画像はZOZOTOWN様よりお借りしました)

ネック部分がもっと長くて、首元をもっとくしゅくしゅさせるタイプのシースルータートルネックも、よく見かけます。

私は首が短めなので、ネック部分が長すぎると、ギプスみたいになって、首が太く見えてしまうので、そうしたものは避けるようにしました。

袖や裾も、程よく、ひらひらしているので、ちらりと見えると女性らしくて良い感じです。

こちらは色が薄いグレージュなので、ベージュ系の服にもグレー系の服にも、きれいに馴染み、とても使いやすいです。

下の画像のように、首元が少し開いたニットに重ね着しても、とても相性が良いです。

すうすうする首筋が守られて、とても良さそうです!

ぴったりしたリブニットに重ねて着ると、こんな感じになります。

こちらは正直に言うと無い方がすっきりすると思いますが、見た目として許容範囲なので、冷え込みが厳しい日には、このコーデも使っています。

シースルータートルネックの中にインナーを着て、カットソーとして使う

カットソーとして使い、腕やお腹の部分を外に出す使い方です。

こちらの画像のように、中にインナーを着て使います。

透け感のあるブラウスのような使い方ですね。


(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)

こちらは、あまり身体にフィットしすぎない、透け感が有りすぎないタイプのものだと、ブラウスのように上品になります

身体にピタピタしたものだと、どうしても「下着(それもババシャツ)を外に出しちゃった感」が出てしまいますので、避けた方が良いと思います。

またこちらのように、色の濃いものだと、カットソー感が強まり、下着感が薄まります。


(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)

キャミワンピースの下に着る場合も、かなり胸元や腕が出てしまうので、下の画像のように、「カットソー寄りのシースルータートルネック」を選ぶと良いかと思います。

(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)

秋冬の使い方としては寒すぎるかと思うので、更に上にジャケットやカーディガンを羽織るコーデが現実的かと思います。

シースルー タートルネックを使ったコーデ

カットソー寄りのシースルータートルネック(透け感があまりないもの)のコーデ

ジャケットのインナーにする


(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)

ごく薄いシースルータートルネックは、ジャケットのインナーにすると、もたつかないので良さそうですね。

ジャケットを脱いだ時も恥ずかしくならない程度の、透け感のものをお勧めします。

キャミワンピなど、袖のないワンピースのインナーにする


(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)

透けすぎないシースルータートルネックは、キャミワンピなど袖のないワンピースの下に着ても可愛いです。

普通のタートルネックだともったりした感じになって嫌だ、という方も、こちらなら、すっきり着られるかと思います。

インナー寄りのシースルータートルネック(透け感が強いもの)のコーデ

透け感の強いシースルータートルネックは、基本的に、重ね着して、首元をちらっと見せて使うコーデが多いです。

重ね着して色合いをグラデーションのようにすると、きれいに合わせることが出来ます。

シャツと重ね着する


(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)

シャツは、春秋しか着られないので、意外と着る期間が短いのではないかと思います。

薄手のタートルネックを重ねることで、もっと寒い時期も着られて、出番が増えそうです。

こちらはシースルータートルネックのベージュとシャツの茶色がグラデーションになっています。

シャツはボタンを1、2個外して、あえて首元を開いて重ね着するとお洒落です。

スウェットやパーカーと重ね着する


(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)


(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)

パーカーやスエットも、コットン素材なので、冬まで着るには少し寒いかと思います。

タートルネックと合わせると、少し上品な感じのコーデになります。

特にパーカーは、首元が少し開いていることが多いので、その部分にタートルネックがくると、とても可愛いです。

ニットと重ね着する


(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)

こちらのように、背中や首元の開きが大きいニットって、意外とありますよね。

可愛いけれど、寒かったり、着ていて恥ずかしかったりして、なかなか着られないかと思います。

シースルータートルネックだと、抜け感や雰囲気は保ったまま、首元をほどよく、ふさいでくれます。


(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)

首元がつまったニットに合わせると、上品な感じになります。

薄いスカーフを巻いた雰囲気に似ています。

こちらはニットのネイビーとシースルータートルネックのライトグレーが綺麗なグラデーションです。

長袖ワンピースと重ね着する


(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)

こちらは首元もつまっていて、袖もしっかりあるニットワンピースで、1枚で着ても可愛いワンピースです。

でも、シースルータートルネックを重ね着することで、より冬らしい、暖かみを感じるコーデになるかと思います。

これがニットのタートルネックだと、野暮ったく、老けて見えることが多いかと思います。

シースルー素材なので、さらりと、首の華奢な感じを保ってコーデできています。

アウターを着てもバランスが良い


(画像はベイクルーズストア様よりお借りしました)

シャツワンピースの中に重ね着して、更にロングコートを着た、とても暖かいコーデです。

こちらの方はマタニティコーデですね。

身体を冷やしてはいけない妊婦さんにも、本当におすすめです。

こちらはシースルータートルネックと、コートが同じグレージュのようなカラーですね。

こんなに重ね着しているのに、すっきりと まとまっています。

シースルー タートルネック、30代ママのレビュー・使い方・コーデ まとめ

シースルー タートルネックとは?

・ごく薄く、柔らかくて透ける生地で作られたタートルネックのこと
・商品名としては、「シアー タートルネック」「チュール タートルネック」「チュール タートルネック」などの名前で販売されている
・タートルネックの代わりに「ハイネック」という販売名のこともあり、ハイネックだと、タートルネックより少し首元が短めであることが多い

シースルー タートルネックの使い方

大きく分けて下記の2種類があります。

・ニットやワンピースの中に着て、インナーとして使う
・シースルータートルネックの中にインナーを着て、カットソーとして使う

シースルー タートルネックのコーデ

シースルータートルネックは色んなコーデに使うことができます。

・ジャケットのインナーにする
・キャミワンピースなど、袖のないワンピースに重ね着する
・シャツと重ね着する
・スウェットやパーカーと重ね着する
・ニットと重ね着する
・長袖ワンピースと重ね着する
・アウターを着てもバランスが良い

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

シースルータートルネックは、とても便利でした。この冬はたくさん使いたいと思います!

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。