夏も冬も使える、おしゃれな北欧のブランケット クリッパンのシュニールコットン 口コミと人気柄

こんにちは!

北欧インテリアが大好きな、まるりです。

北欧・スウェーデンのブランドである、KLLIPAN(クリッパン)のシュニールコットンブランケットは、肌触りがよく、丈夫で丸洗いでき、しかも1年中 使えることで有名ですね。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

今回は、おしゃれで可愛い、クリッパンのシュニールコットンブランケットの特徴や口コミ、人気柄をご紹介します

シュニールコットンとは

シュニールコットンとは、シュニール糸という特殊な糸を縦糸に、通常のコットン糸を横糸にして織られた生地のことです。

<シュニールコットン糸とは>
シュニール糸とは、1本の細い糸の周りに、もこもことした短い毛を巻き付けた糸です。
一度 織った織物を縦糸に沿って裁断し、それをねじって作るという、複雑な工程で作られているので、他の糸と比較して、高価な糸になります。

シュニール糸を使った織物は、シュニール織(又はシェニール織)と呼ばれます。

シュニール織は18世紀からヨーロッパで使われており、現在はハンカチで有名なフェイラーや、ベビータオルで有名なホットマンでも作られています。

シュニール糸とコットン糸を組み合わせたシュニールコットンは1999年にクリッパンが開発したものです。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

シュニールコットンのブランケットを作っているのは、世界でクリッパン社だけです!

シュニールコットンの種類

クリッパン社には、3種類のシュニールコットンがあります。

それぞれ、素材や重さ、肌触りが異なります。

シュニールコットン

素材シュニールコットン80
コットン
20
重さ
(シングルサイズ/ハーフサイズ/ミニサイズ)
1600g/750g/400g
値段
(シングルサイズ/ハーフサイズ/ミニサイズ)
¥31900〜/¥19800~/¥9900~

(重さ、値段は、クリッパンの日本総輸入元である、イーオクト社のオンラインストアである、エコンフォートハウスより)

ライトシュニールコットン

素材シュニールコットン65
コットン
35
シングルブランケットの重さ1150g
シングルブランケットの値段
(イーオクト社公式オンラインストアより)
¥23100

コットン糸の割合を増やすことで、450g軽くしています。

片面はシュニールコットンのふわふわの肌触り、もう片面はコットンのさらりとした肌触りになっています。

リネン&シュニールコットン

素材シュニールコット43
コットン
22
リネン
35
シングルブランケットの重さ1060g
シングルブランケットの値段¥33000

シュニールコットン 人気商品の口コミ

シュニールコットンは、3種類の中で最も厚手で、温かみ・重みがあり、表も裏も、両方シュニール糸ならではの、やわらかな手触りです。

2020年現在、3種類の中で唯一、シングルサイズ、ハーフサイズ、ミニサイズのサイズ展開があり、デザインの種類も豊富です。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

赤ちゃんのブランケットとして有名なミニブランケットや、ミナペルホネンのチョウチョ柄のブランケットは、こちらの種類です

シュニールコットン ミニブランケット

最も小さなサイズであるミニブランケットは、赤ちゃんのシーツやブランケットとして、また大人のひざ掛けも使えます。

自分用としても、出産祝いとしても使い道があり、値段も最もリーズナブルなので、シュニールコットンの中でも人気のある商品です。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

最初にミニブランケットを購入し、気に入ったので、次はもっと大きなサイズを購入する、という人も多いです

シュニールコットンミニブランケットの口コミ

  • 冬に生まれてくる子どもの毛布として購入。オーガニックコットンなので安全で、丸洗いでき、サイズもちょうど良い
  • 出産祝いに購入。デザインがおしゃれで、置いてあってもインテリアの邪魔にならない。
  • 洗ってもくたびれず、長い期間、使うことができる。しっかりしている分、乾くのは少し時間がかかる。
  • オフィスでのひざ掛けとして購入。肌触りが良く、季節関係なく使える
  • 自宅のペットのために購入。ループ織ではないので、引っかけも少なく、安心して使える。

シュニールコットン シングルブランケット(140×180㎝)

シングルブランケットは、リビングや寝室でのブランケットとして、またはソファカバーとして人気です。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

シングルブランケットは、横にすると3人がけソファに、縦にすると2人がけソファーに、ちょうど良いソファカバーになります

シュニールコットン シングルブランケットの口コミ

ブランケットとして使用する口コミ
  • 寒い季節に、電気毛布の上からかけられるブランケット兼ベッドカバーとして購入。デザインが素敵で、思っていた以上に暖かい。
  • 寒い季節に、リビング用のブランケットとして購入。小さい子どもがいるので、ウールだと洗濯出来ず使いにくかったが、こちらは洗濯できるので気兼ねなく使える。
  • 暑い季節に、お昼寝用ブランケットとして購入。冷房が効いた室内ではちょうど良い
  • 春先や秋口に、肌寒いときに使うために購入。
ソファカバーとして使用する口コミ
  • ソファの猫対策に購入。少し爪研ぎされたが、厚みもあるのでソファには影響ない。
  • ソファカバーとして購入。厚み、重みがちょうど良く、ズレもシワも気にならない。お部屋も一気に北欧風になった。
素材やデザインに対する口コミ
  • 暖かく静電気の起きない素材で、愛犬のお気に入りになった。
  • リバーシブルになっている(表と裏で色が反転している)ので、1枚で2パターン楽しめる。

シュニールコットン ハーフブランケット(90×140㎝)

ハーフブランケットは、シングルブランケット同様、ブランケットまたはソファカバーとして人気です。

さっと ひざに掛けるだけならミニサイズが便利ですが、体にかけることも出来るのはハーフサイズです。

ソファカバーとして使う場合は、2人掛けのソファにちょうど良い大きさです。

床に敷くと、ちょっとしたコーナーを作ることが出来て、赤ちゃんのプレイスペースにしたりすることも出来そうです。

ハーフサイズは、マルチサイズ、という感じですね。

シュニールコットン ハーフブランケットの口コミ

ブランケットとして使用する口コミ
  • ソファでのお昼寝用に購入。出しっぱなしにしていても可愛い
  • 子どものお昼寝用に購入。しっかりと厚みもあって、オールシーズン使えそう。
  • 職場でのエアコン対策に購入。身体にかけてもずり落ちない、しっかりした大きさ、重さでちょうど良い。
  • 出産祝いに購入。兄弟で使える大きさとのこと。
  • ひざ掛けに購入したところ、少し大きかった。ベッドのうえにかけている。
  • 少し重たいけれど、使用感が出にくく、年中使えるので良い。
ソファカバーとして使用する口コミ
  • ソファを犬が引っ掻いてボロボロにしてしまうので、ソファカバーとして購入。気持ち良いし、ズレなくて洗えるので良い。
  • インスタグラムを見て、ソファのカバー兼ブランケットとして購入。柔らかく肌触りが良い。

シュニールコットン 人気柄

ミナペルホネンとのコラボ choucho

ミナペルホネン人気のデザインであるchoucho柄です。

不揃いなチョウチョが飛ぶ模様がシンプルなのにとても可愛く、赤ちゃん用でも、大人用でも人気があります。

赤ちゃん用としては、ピンクやライトブルーも可愛いですし、ブルーグレーや深いグリーンなど、あえて大人っぽい色でも、おしゃれになります。

上品さもあるので、大人の女性が使っていても素敵です。

ブランケットとしても、ソファカバーとしてもおしゃれなので、シングルサイズ、ハーフサイズ、ミニサイズと、全てのサイズのブランケットで人気があります。

また、クッションカバーとしても人気があります。

ムース

トナカイの柄が冬らしく、また北欧らしいことから、寒い時期に使用するブランケットやソファカバーとして人気があります。

クリッパンの定番の図柄なので、シュニールコットンの他にも、ウールのブランケットにも使われています。

色はベージュ、グレー、ネイビーなど、無彩色の色合いですが、それが柄の雰囲気と合っていて可愛らしいので、赤ちゃん用のブランケットやシーツとしても好まれています。

ロイヤル

ティアラや王冠の模様、そしてパステルの色合いから、赤ちゃん用のミニサイズのブランケットとして人気があります。

やさしいピンクとホワイトは、女の子用の出産祝いとして、特に人気があります。

シャーンスンド

幾何学模様がインテリアとしておしゃれなので、リビング用のブランケットやソファカバーとして人気があります。

ソファカバー兼ブランケットとして使えるように、ハーフサイズやシングルサイズが特に人気です。

部屋に馴染ませるならベージュ、アクセントとして使うならブルーが人気です。

ショアバーズ


クリッパンのキャンドルホルダーやペーパーナプキンにも使われているショアバーズ。

水鳥なので、長い足とすっと立つ姿がきれいです。

動物の模様ですが、細長い足やくちばしが繊細で、大人のインテリアにおすすめのデザインです。

注目の新商品 リネン&シュニールコットン

3種類の中で、最もシュニールコットンの割合を少なくして、コットンだけでなく、リネンも組み合わせた生地です。

日本の夏の寝苦しさを変えようと、イーオクト社がクリッパン社と共同開発したものです。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

昨年の冬に完成し、夏のブランケットとして、2020年6月に初めて本格的に販売された、新商品です

既にセンプレ、コネクトなど、有名なインテリアショップで取り扱われ、各ショップでの評価が高いです。

リネン&シュニールコットンの特徴

これまでになかった、シュニールコットンの肌触りの良さと、リネンの涼しさの、いいところどりのブランケットです。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

シュニールコットンは、夏は冷房の効いた部屋の中で使うという口コミが多いですが、こちらは、夏の夜に冷房を消した時にも、快適に使えるブランケットです

片面はコットンが多く、あたたかみがあり、もう片面はリネンが多く、しゃりっとした肌触りになっています。

真夏の寝苦しいときは、リネンの面を内側にすると、肌に密着せず、涼しく眠ることが出来ます。

リネンはコットンより更に通気性がよく、また、発散性も高いので、湿度が高い日本の夏でも、べとつくことなく使うことが出来ます。

淡くシンプルな柄も、涼やかで日本の夏に向いています。

和室にも洋室にも合いますし、さっと広げるだけで、上品でおしゃれな寝室になります。

目上の方に対しても、素敵な贈り物になりそうです。

イーオクト社の「KLIPPAN新作開発ものがたり」も、ぜひごらんください♪
https://www.eoct.co.jp/sustainability_category/kp-linenchenille-story/

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

日本の夏を変えるために作った新素材の開発ものがたり、とってもわくわくします

シュニールコットンは洗濯できる?

シュニールコットンは、どの商品も洗濯することが出来ます。

こちらは私がもっている、ライトシュニールコットンのクッションカバーの洗濯タグです。

40度限度の標準で、洗濯機で洗濯が可能です。

乾燥機の使用はできません。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

私も先日、シュニールコットンのクッションカバーを洗濯しました

念のため、ネットに入れて、おしゃれ着洗いで、脱水は1分程度にして洗濯しました。

乾くまでに時間はかかりましたが、洗濯してもふわふわの手触りは変わらず、扱いやすさを実感しました。

縮むことがある、と聞いていたのですが、丁寧に洗ったためか、今回は縮みはありませんでした。

シュニールコットンは夏、暑くて重い? 冬も使える?

口コミから、シュニールコットン3種類の季節ごとの使い道としては、下記の通りです。

シュニールコットンが使える季節

・夏→冷房の効いた室内で、ひざ掛けやお昼寝用のブランケット、ソファカバーとして

・冬→リビングでのブランケットやソファカバー、または就寝時に重ねて使うブランケットとして

・春、秋→肌寒さを感じるような時期が、最も使いやすい季節。リビングや寝室でのブランケット、ソファカバーとして

リネン&シュニールコットンが使える季節

・夏→冷房の効いた室内でも、冷房をつけていない室内でも、就寝時のブランケットやソファカバーとして

ライトシュニールコットンが使える季節

・夏→冷房の効いた室内でのブランケットやソファカバー、または、冷房をタイマー設定にしての就寝時のブランケットとして

・春、秋→少し暑さがある時期が、もっとお使いやすい季節。リギングや寝室でのブランケット、ソファカバーとして

おしゃれな北欧ブランケット クリッパンのシュニールコットンの良さ まとめ

シュニールコットンの良さ ①デザイン

「デザインがおしゃれで、リビングに使用している」という口コミが多く、リビング用のブランケットやソファカバーとして、インテリアとして活用されていることが分かりました。

今後、北欧のように、寝室をおしゃれにする習慣が日本にも広がれば、寝室でのブランケットとしても、より好まれるかもしれません。

シュニールコットンの良さ ②肌触りの気持ち良さ

デザインに次いで、「気持ち良い」という口コミが多くありました。

シュニール糸のふわふわ感が、ウールのちくちく感や化学繊維の静電気が苦手な人にも好まれています。

シュニールコットンの良さ ③赤ちゃんやペットにも安心して使える

コットンもリネンも、全てオーガニック製品なので、赤ちゃんやペットがなめても安心です。

汚れても洗濯機で丸洗いができます。

また、ループ織りではないので、爪を引っかけることが少ない点も、生地が傷みにくく、長持ちするので高評価でした。

https://maru-ri.com/wp-content/uploads/2020/07/7A9A02F1-8FE0-48D8-9562-6BC99A3F0A8A.jpeg

素敵なインテリアとして、また、大切な人への贈り物に、とてもおすすめです

いかがでしたでしょうか。

参考になりましたら幸いです♪

我が家が購入した、クリッパンのライトシュニールコットンのクッションカバーについての記事です↓
https://maru-ri.com/hokuouinterior1

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。